【レビュー・評価】じっくりナゾトキが楽しいナゾトキアドベンチャー!|レイトン ミステリージャーニー 

Catalog
[显示]
〇良い所〇

新主人公カトリーがgood!

これまでの主人公「レイトン教授」から、その娘「カトリー」へとバトンタッチしたレイトンシリーズ。

これが非常に良いですね!

|レイトン ミステリージャーニー
レイトン教授はまじめな英国紳士ですが、新主人公「カトリー」は いい感じにくだけたキャラクター。

しゃべる犬が現れても、

いいんじゃない?犬がしゃべっても?

と興味なし!

ロンドンの一大観光地「ビッグベン」の時計の針がなくなっても、

ひとつくらいなくなっても いいんじゃないですか?

とまるで緊迫感なし!笑(ビッグベンには4つの時計があるので)

|レイトン ミステリージャーニーわるそうな顔してる笑

 

  • 食いしん坊で派手なナゾトキが大好きな「カトリー」
  • カトリーとのダブルボケをかます助手の「ノア君」
  • 2人にツッコミかましまくる喋る犬「シャーロ」

この3人のやりとりが面白おかしくって、会話シーンに退屈しません。

 

じっくり楽しいナゾトキの数々

レイトンシリーズの最大の魅力といえばやっぱり「ナゾトキ」!

じっくり考えて、考えて…、わからないときにはヒントを見て、そして ナゾが解けたときのあの快感!

|レイトン ミステリージャーニー
レイトンゲームでしか味わえない楽しさです。

わたしは発想転換系のナゾが大好きで、ひらめいた時のアハ体験の気持ちよさといったらありません。

 

異なるエピソードで紡がれる物語

これまでのレイトンシリーズでは、最初から最後までひとつの大きなナゾを追いかけていくのですが、今作では「エピソード」ごとに1話完結 しています

|レイトン ミステリージャーニー

依頼を一件ずつこなしていくスタイルは、短い時間でスパスパ事件が解決していくので「スッキリ」できるタイミングが多いのがポイント。

中盤からは複数のエピソードが解放され、好きな順番で遊ぶことができます。

事件があって犯人がいるので、「推理する楽しさ」が生まれているのは大きな変化ですね。

 

合わない所

納得感の薄いナゾもチラホラ

レイトンシリーズの作品の良しあしは、ゲームの根幹である「ナゾの質」にかかっていると思います。

  • 短い問題文
  • 納得感のある回答

問題文が短く、かつ、「なるほど!」と納得できて気持ち良い。これが鉄則です。

|レイトン ミステリージャーニー

今作は全体的に問題文が長め。

まれにですが、

ん?どゆこと?

と、解けてもモヤモヤする問題があるのは残念かな。

 

取り逃したナゾの収集が手作業

これまでのシリーズ作品では、エピソードが進んで取りこぼしたナゾは「ナゾーバ」というおばあさんが一括に管理してくれていたのですが、今作では エピソードをさかのぼる機能 が追加。

|レイトン ミステリージャーニー拠点となる「レイトン探偵社」からエピソードをさかのぼる

自分の手作業で各エリアを探し回らなければいけないので、かなり手間が増えた印象です。

「ナゾを解く」のは楽しいですが、「ナゾを探す」のはそんなにゲームの大事なポイントではないので、わたしは楽させてもらいたいかな。

 

事件解決後のモヤッと感

主人公が探偵ということで、ロマンあふれるナゾだけではなく事件性の高いエピソードが多く描かれています。

客観的に見て凶悪な事件もあるのですが、「人情で許されちゃう」展開 がいくつもあり説得力に欠けますね。

|レイトン ミステリージャーニー
犯人を許せない被害者がいても良いと思うのですが、みんな優しすぎる 笑

事件の論理的な思考と、人間の描き方がミスマッチに感じてしまいます。
|レイトン ミステリージャーニー

まとめ

レイトンシリーズファンならこれまでと変わらず楽しめます。

ワイワイ楽しいキャラクターたちの存在でストーリーにも飽きがこないのが良いですね。

「ナゾトキ」という独自の魅力を味わいたい人はぜひ!

Statements: Some of the contens of this site are from the internet, if these contents infringe on your copyrights, please contact me, I will immediately delete. All contents doesn't represent my points.