新作ゲーム購入後レビュー《ガンダムバーサス(GUNDAM VERSUS)》PS4 

Catalog
[显示]

私の評価なのですが今回はちょっと特殊で、新規なら10点満点中5点。
古参やシリーズ経験者なら2点です。
その理由を説明していきます。

まず最初にこのゲームは15年も続くシリーズ物のガンダムを使った2VS2チーム型対戦アクションゲームの最新作です。
それを踏まえて先に良い点と悪い点を挙げてみます。

【良い点】
・フレームレートが若干向上。
・新モードの追加。

【悪い点】
・過去作であったモード&システムの削除、操作機体数の激減。
・フルプライスでありながらの悪質な課金耐性。
・かなりの作業感。
・諸々の使いまわしが目立つ。
・カスタムサントラ、カスタムフレーム、カスタムメッセージの廃止。
・キャラゲーなのにキャラ(機体)がいない。
・敷居が高すぎて、それに伴う暴言や民度の低さが露骨に出ている点。
(↑これはゲームのせいではないかも知れませんが)

特に目立ったのはこの辺りでしょうか。
最初に結論から言いますと「素材や材料は最高なのに料理人や従業員の対応が最悪な店」って感じです。

アーケードから始まり、家庭用に移植の繰り返しで発売されていたシリーズなのですが、今回のこの「GUNDAM VERSUS」は完全家庭用特化の新作で、アーケードからの移植ではありません。

その理由としてアーケードではすでに「マキシブースト」という別のVSシリーズがオンライン対戦可能で稼働中であり、それを家庭用で出してしまうとゲームセンターの売り上げや客足が遠のいてしまうので、別作品として開発され発売されました。
ガンダムバーサス(GUNDAM VERSUS)
さて、ではなぜ評価の点数が新規と古参で違うのか。

「ゲームの敷居が高い」という点に目を瞑れば新規の方はそれでも楽しむ事ができる反面、過去作をプレイしていた&今もなおプレイしている古参プレイヤーにとっては残念でならない箇所が多く見受けられます。

まず【新生】や【全てのガンダム好きに捧ぐ】などと謳いながら過去作に登場していたメジャーなキャラや機体を作品ごと纏めてリストラしてしまった点。

削除されたシリーズ一覧(現時点)
「Gガンダム、ガンダムW(EW)、ガンダムX、SEEDDestiny、ダブルオー2nd、ダブルオーV、ガンダムAGE、ポケ戦、イグルー、サイドストーリー(ブルデス)、アストレイ、スターゲイザー、センチネル、ハサウェイ、MSV、ガンダムEXA」

追加されたシリーズ一覧(現時点)
「モビルファイターズ(しかも予約特典)、ミッシングリンク」

(゚Д゚)?

これはひどい・・・。
開発陣は発売前生放送で「マキシブーストより機体を多くしたい」と言っていたので、せめて課金で出ることを祈ります・・・。
だとしてもリストラした機体達をこの1体600円の課金で販売されたら、それだけで約4万ほど吹っ飛びますが。

既存で残っているシリーズも登場機体は結構リストラされています。
(量産期ばかり増えたシリーズもありますが)
自分は過去作でガンダムヴァサーゴ、インフィニットジャスティスガンダム、ヘビーアームズ(EW)がメインキャラだったので全部使えないのは辛い。
ちなみにステージ数も36ステージから15ステージ(チュートリアルステージ込み)に減ってます。

これじゃあ「撃ちたくない!!撃たせないでくれぇ!!」と豪語しているキラ君も喜んでハイマットフルバーストをバンナムにぶっ放してしまうでしょう。
ガンダムバーサス(GUNDAM VERSUS)
そして新生と言いつつ過去作からのモーションとボイスの使いまわし、プラモを眺めるだけみたいな手抜きの出撃ムービー(それも既存ボイスの使いまわし)

ですが新規の方ならばそこらへんはまぁまぁ気にならないはずなので楽しめるとは思いますが、なにぶん操作の複雑さやゲームシステムを理解するまでもの凄く敷居の高いゲームですので、オンライン対戦で最初の1勝を上げるのでさえかなり困難なはずです。

そして過去作ではできたオフライン対戦ができません(2P機能がないため)
対戦ゲーなのにトレーニングモードもないの!?
ガンダムバーサス(GUNDAM VERSUS)
兄弟で一緒に遊びたいならもう一台PS4とガンダムを用意してネットも繋げ!!
って事になりますね(´;ω;`)

オンライン対戦は今回「ちゃんと4人」集まらないと対戦自体が始まらず、延々と自分相手の棒立ち人形との待機モードになります。

そして徹底した嫌われる課金制度。
リストラした過去作もシリーズごとに2500円とかのパックでその内販売しそうな気がします。
追加課金のDLCというシステム自体に問題はないのですが、最初からいたキャラを課金にして「欲しいなら課金しましょう!」ってのはかなり悪質だと思います。

プレミアムGエディションと称して、ゲーム内で流れるBGMが増える定価1万越えの別バージョンがありますが、以前は普通に入っていた曲も有りしかもカスタムサントラが存在しません。

カ ス タ ム サ ン ト ラ が存在しません

マジ?
PS4はPS3と違ってゲーム機本体に外部からの曲も保存できないし・・・。
今回は作業感たっぷりのやり込み要素もあり、対戦を待っている間のあのテンション下がるBGMを延々と聞き続けるのは私には無理でした。

じゃあすぐ対戦を始めれば・・・!
↑四人集まらないと今作は対戦自体始まらないので、そんな逃げ道も塞がれています。

モードやシステム面に至ってはシリーズ初の3VS3が可能になったのですが、フレンドとも組めないしリプレイもないし、ただでさえ回線悪い人がいるだけで2VS2でも糞重なのに6人対戦とか草不可避状態です。
(アプデ頼り?)
ガンダムバーサス(GUNDAM VERSUS)
新要素としてアシストの機体を呼び出す「ストライカー」とどこでも着地ができる「ブーストダイブ」というシステムが導入されましたが、ストライカーの機体数よりも操作機体を増やしてほしかったですね、コンパチ機体も多いですし。
ロックされているストライカーや機体ごとの称号、ナビ開放などのやり込み要素は何度も言いますが作業感満載です。

ウェーブ毎に機体を育てていくアルティメットモードはいらなかったんじゃないかな?これ。
何度もやる意味は機体のレベル上げ用かも。
3VS3以外のボスハンターとかその他6人用の対戦ルールはアルティメットモードでしか現時点では出来ません。
多人数対戦はウェーブ中に突発で起こり、ルールは選べません。
ガンダムバーサス(GUNDAM VERSUS)
ブーストダイブは新規の方には説明しずらいですが、どこからでも行動をキャンセルできてすぐ様空中から地上に着地できるシステムと考えればいいと思います。
過去作では機体別に色々なキャンセル技が有り、通称「降りテク」と呼ばれていました。
(降りるテクニックの略称)

今作では降りテクができるキャンセル技を廃止し、ブーストダイブを使わせたいというコンセプトらしいですね。
ブースト切れのオーバーヒート開始からの二秒後に完全に操作ができなくなる新システムも追加されたのでオバヒ時の足掻きや着地フェイクなどが出来なくなったのは残念かも・・・。

結果コンパチだらけのアシスト有りきの戦法になり、使用機体の個性が消え、やり込もうがなんだろうがマンネリ化が加速しました。

体験版の時に運営さんがアンケートを色々とってたんですけど、何も変わってないのはなぜ?
バグも修正されずに残ってる物がありますが、ちゃんと報告されてたのに・・・。

未完成品をフルプライスで発売、しかもその後高額の課金。
クソゲーと言うほどこのゲームは酷くはないですが・・・昨今のゲームはそういった商品が多く見受けられますね。
あと低評価や不評が圧倒的に多いのに

好評発売中!

と平気で広告しているのも腹が立ちますね。
誰に好評なんだよ、社内評価?

そしてオンライン民度が低い事で有名(不名誉)なシリーズですが、体験版でさえすでに暴言メールや煽り行動が目立ちました。
味方の行動にもかなり左右されるゲームですので、イライラが加速するのでしょう。
この辺りはチーム型対人ゲームの闇なのでもうどうしようもないのでしょうか・・・。

ムービーも対戦中もグラフィックが一世代前レベルのグラフィックで、PS4の性能を出し切れていない上に、出撃ムービーはプラモを色んな角度から眺める様な静止画。
↓私がUPした参考動画、1:00辺りから出撃ムービー。

Statements: Some of the contens of this site are from the internet, if these contents infringe on your copyrights, please contact me, I will immediately delete. All contents doesn't represent my points.