【歌マクロス スマホDeカルチャー】ゲームレビュー 

Catalog
[显示]

ベテランも若者もハマれる超時空リズムゲーム!

『マクロス』といえば、今年で35周年を迎えたSFロボットアニメシリーズ。

近年も『マクロスF(フロンティア)』や『マクロスΔ(デルタ)』などの新作アニメが制作され、幅広い年代から支持を集めている。

マクロスシリーズの特徴といえば、ストーリーにも多大な影響を与えている歌姫たちによる名曲の数々。

本作は、それらの楽曲を多数収録し、原作に登場する歌姫たちのライブパフォーマンスが楽しめる、マクロス初のリズムゲームとなっている。

戦いを止めぬ人類を滅ぼすためのシステム「鳥の人」が目覚め、すべての文明の記憶を破壊し始めた世界。歴代キャラクターが時空を超えて終結し、世界の記憶を取り戻す

確認できた登場作品は下記のとおり。

  • 超時空要塞マクロス
  • マクロス7
  • マクロスF
  • マクロスΔ

『マクロスプラス』などのOVA作品は登場しないようだ。

チュートリアルでは最初に、これらのシリーズのキャラクターからセンターにする歌姫を選択することできる。

マクロスΔから5名、マクロスFから2名、そして超時空要塞マクロスのリン・ミンメイが選択可能だ。

選ばなかったキャラクターも、後々使用できるようになるため、まずはお気に入りのキャラクターを選んで始めるといいだろう

ユニットは最大3人まで編成可能で、それぞれにユニットの能力値を上げる「エピソードプレート」を設定することができる。

エピソードプレートは、歴代シリーズの名シーンが描かれており、シリーズファンの思い出を呼び起こすものが、多く実装されているようだ。

新規描き下ろしのイラストが描かれたプレートも実装されるそうなので、マクロスファンならぜひゲットしてもらいたい。

エピソードプレートのほか、マクロスシリーズに登場するメカ「バルキリー」も設定可能。キャラクターやプレートのステータスや、センターのキャラクターのスキルなどによって楽曲プレイ時のスコアが決定する

音ゲー初心者でも遊びやすいリズムゲームパート

本作のリズムゲームパートは、画面上部から降ってくるノーツを、タイミングよくタップ・フリック・長押しをするオーソドックスなもの。

ノーツのレーンが4つと少な目なので、リズムゲーム初心者でもプレイしやすい印象を受ける。

また、フリックの方向と同時押しの組み合わせが意外と難しく、高難易度の譜面もしっかり収録されているので、簡単すぎて飽きることもないだろう。

フリックには左右、上が存在する。違う方向のものが同時にきたときがなかなか難しいので要練習!

エピソードプレートの中には、アクティブスキルを持つものがあり、ライブ中に画面下部中央のボタンをタップして発動する。

ノーツをタップする際の判定を甘くするなど、さまざまな効果を発揮するが、任意のタイミングで発動できるのは、リズムゲームでは珍しい要素だ。

ノーツの合間にボタンをタップしてスキル発動! こちらに気を取られ、本来のリズムを崩さないよう気を付けてスキルを使おう

センターに選んだキャラクターは、楽曲に沿った振り付けを披露。ランカ以外の「キラッ☆」は、エフェクトまで変わっているなど、細かいところまで作り込まれている

このライブを行いながら、鳥の人に奪われた「記憶の時空」の記憶を開放していくのが、大まかなゲームの流れ。

記憶を取り戻していくことで新たな楽曲や歌姫が増えていくことになる。

特定の開放条件を満たすことで、記憶を取り戻すことができる。ゲーム開始時に選ばなかった歌姫も、徐々に使用できるように

バルキリーも飛ぶ!? コンボをつなげると背景が劇的に変化!

歴代キャラクターや楽曲の他にも、マクロスならではの要素がいたるところに盛り込まれているのも本作の特徴。

リズムパートはいくつかのモードに分かれており、コンボをつなげばつなぐほど、スコアアップに期待できるようになっている。

楽曲プレイ中のモードが展開する流れは次のようになる。

まずはノーツをタイミングよくタップして、「生体フォールド波」というゲージをためる必要がある。ユニットの「フォールド波」の数値が高ければたまりやすくなる

1:バルキリーモード

演奏が一定時間経過すると、生体フォールド波が100%以上までたまっているとバルキリーモードに突入し、背景でバルキリーのバトルがスタート。

歌の力で戦う原作の設定が踏襲されたものになっている。

バルキリーはユニット編成で設定でき、モード攻略の鍵を担っている。楽曲中には設定した機体と、そのパイロットが登場し、敵と戦う

バルキリーモード中は4コンボを維持することで敵に攻撃を与えることができる。ここががんばりどころの1つだ

2:追撃モード

バルキリーモード中に敵のゲージを削りきることができれば、さらに追撃モードに突入する。

ここで、ミスなく演奏できるかどうかが次の展開を決めるため、最も集中力が求められる一瞬だ。

追撃モード中に敵のゲージを削りきるのはかなりシビアな印象。よりノーミスが求められる

3:歌姫モード/超歌姫モード

追撃モード中にさらに一定のダメージを与えることで超歌姫モードへ、削りきれなかった場合は歌姫モードへと移行する。

いずれもスコアが上昇するノーツがたくさん出現するようになるので、ハイスコアを目指すためには、このモードへ突入させることが必須といえるだろう。

音符マーク付きのノーツがスコアアップのノーツ。超歌姫モードでは、それに加え、エピソードプレート育成用アイテムが獲得できるノーツの出現率もアップ!

また、これらのモードではその楽曲に沿うような原作の名場面も流れるようになる。

なかなかじっくり見るのは難しいが、ファンならぜひチェックしてみよう。

歌姫同士のコミュニケーションも垣間見れる

歴代シリーズのキャラクターが世代を超えて協力する世界観を持つ本作は、異なる作品間のキャラクター同士のからみも見どころの1つ。

「超時空SNS」では、ミンメイやランカ、シェリル、ワルキューレのメンバーたちはもちろん、バルキリーのパイロットである男性陣も交えたやりとりを楽しむことができるのだ。

メッセージアプリライクな画面でキャラクターたちの会話が繰り広げられる

本作における戦いの裏側から、何気ない会話まで、豊富なパターンのコミュニケーションを収録。リズムパートの合間に楽しもう!

マクロスシリーズ初のリズムゲームかつ、歴代キャラクター大集合のオールスター作品の側面もある本作は、シリーズファン待望のヤック・デカルチャー(※)なタイトル。

Statements: Some of the contens of this site are from the internet, if these contents infringe on your copyrights, please contact me, I will immediately delete. All contents doesn't represent my points.