《Quantum Break》-レビュー・評価 実写と融合したドラマティックアクション 

POSITIVES

実写映像を組み合わせたストーリー
爽快感のあるタイムパワーアクション

NEGATIVES

中途半端なローカライズ・字幕表示

RATING
POINT

[爽快感] [オンライン要素]
[育成要素] [ストーリー分岐] [難易度選択]

B
GRADE
FULL REVIEW

 時が壊れたとき、破滅の世界が待ち受ける。タイムパワーを駆使して戦うアクションアドベンチャー「Quantum Break」をクリアしました。

時間を操る力で敵を倒したり、ギミックを操作したりするゲームプレイと、俳優を使った実写ムービーを組み合わせて、ドラマを演出している本作。単なるゲーム付き映画になってしまわないよう、選択肢による分岐を用意するなど、両者がうまく融合している作品です。残念ながらローカライズや字幕表示の面で不満があったものの、ゲームそのものは高評価でした。

時を操作して危機を乗り越えるタイムパワーアクション

主人公には、時を操る様々な能力が備わっています。時間を操作して自分だけ早く移動や、敵の時間を止めて銃弾を撃ち込むなど、どれも強力なものばかりです。能力ごとにクールタイムが設定されており、無制限に使えるわけではないですが、各能力をバランス良く使用することで爽快に立ち回れます。

遮蔽物に隠れることも可能ですが、どちらかと言えばガンガン攻めていくスタイルのTPSです。アクションが苦手なプレイヤー向けには難易度選択が用意されています。プレイ中に入手したポイントで能力を強化すればクリアしやすくなるので、ストーリーをメインで楽しみたいプレイヤーでも安心です。

タイムパワーは戦闘だけでなく、ギミック操作にも大きく活躍します。壊れた足場を直したり、動いている障害物を止めたりと、活用のパターンは様々です。世界が壊れている影響で、画面が見にくく分かりにくいシーンも多いのですが、目的地を示唆するサポート機能も用意されていて助かりました。

ゲームx実写で描かれるドラマティックストーリー

本作に登場するキャラクターは、実在する俳優がモデルになっており、チャプター間では俳優たちが演じる実写のエピソードが挿入されます。プリレンダリングムービーの代わりに、実写映像を使っている形式です。ゲーム映像が進化して、実写に近づいている可能になった手法でした。

実写映像はかなり長く、1エピソードが数十分あります。ゲームプレイを再開するころには、未操作でコントローラーの電源が毎回落ちていました。余り細かく挿入されるのも困りものですが、全体の3割くらいは映像を見ていた印象なので、人によって好みが大きく分かれそうなポイントだと感じます。

ストーリーの展開を左右する未来の選択

Quantum Break

実写映像以外にも、チャプター間には敵側の視点で操作するパートが存在します。主人公と同じく、時を操る能力を持っており、選んだ際の未来をのぞきつつ選ぶことが可能です。どれも極端な内容ばかりで、未来が見えても悩ましいため、プレイヤーの好みが大きく影響する選択になっています。

もちろん、選択した内容は実写映像にも反映。全体の方向性は大きく変わらないとはいえ、別パターンのシーンに差し替えられるなど、ゲームらしく演出するこだわりを感じました。映像後に、フレンド/全体で、同じ選択を選んだプレイヤーがどれくらいいるのか見られるのも面白かったです。

全体的に不満ばかり感じたローカライズ・字幕周り

Quantum Break

海外タイトルのため、英語音声/日本語字幕しか選べないのですが、日本語字幕のクオリティが残念の一言でした。文字が小さく、字幕が用意されていないシーンや、逆に不要な字幕が入っていることが多かったです。突然撃たれるシーンで、先に[銃声]と字幕で表示されるひどいパターンもありました。

タイムトラベルものということでストーリーが複雑になっており、字幕をしっかり読んでいるつもりでも、分かりにくいと感じる部分も多かったです。公式サイトのトレーラーで弟になっていた人物が、ゲームを始めて見ると兄だったあたりでも、ローカライズの適当さが伺えます。

Statements: Some of the contens of this site are from the internet, if these contents infringe on your copyrights, please contact me, I will immediately delete. All contents doesn't represent my points.